【ヤクルト】村上宗隆3年連続ベストナインで14冠、流行語大賞、MVP受賞であるぞ16冠

スポーツ報知
ヤクルト・村上宗隆

 タイトルラッシュの村上に新たな勲章が加わった。12球団最多得票でベストナイン受賞。打率3割1分8厘、日本選手最多の56本塁打、134打点で最年少3冠王に輝き、満票となるか注目された中、セ三塁手部門は打率4位のDeNA・宮崎に1票だけ入った。それでも圧巻の得票率99・7%での選出に「また連続して受賞できるように努力します」とコメントした。

 この日は出身地の熊本県から県民栄誉賞の贈呈も発表された。「多くの県民に感動を与えるとともに、県民にとって大きな誇りとなった」ことが理由という。県10例目で、球界では元巨人・川上哲治氏、元ソフトバンク・秋山幸二氏に次ぐ3人目。表彰式は12月28日に予定されている。

 一日で2つの栄冠が加わり、今季は各種表彰も合わせ“14冠”。今後も選出が確実視されるリーグMVP、村神様が大賞候補にノミネートされている流行語なども含め、さらにタイトルが増えそうだ。(片岡 優帆)

 ◆今季のヤクルト村上の“タイトル”

〈1〉首位打者〈2〉本塁打〈3〉打点〈4〉最高出塁率〈5〉交流戦MVP〈6〉コミッショナー特別賞(3冠王)〈7〉コミッショナー特別賞(5打席連続本塁打)〈8〉コミッショナー特別賞(日本選手最多56号)〈9〉正力松太郎賞特別賞〈10〉オープンハウス特別ホームラン賞(3億円の家)〈11〉スーツオブザイヤー〈12〉日本シリーズSMBCみんなの声援賞〈13〉ベストナイン〈14〉熊本県民栄誉賞

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×