【オリックス】山下舜平大が両足を手術 三角骨摘出

スポーツ報知
山下舜平大

 オリックスは24日、山下舜平大投手が神戸市内の病院で「両足鏡視下三角骨摘出手術」を受けたと発表した。三角骨はかかと付近の骨。数日間の入院後、患部の状態を確認しながらリハビリを行っていく予定。

 20年ドラフト1位で入団。2年目の今季はシーズンでの1軍登板はなかったが、ヤクルトとの日本シリーズでは秘密兵器としてベンチ入りしていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×