【兵庫ジュニアグランプリ】オマツリオトコ4角2番手から快勝 横山武史騎手「強い馬です」

スポーツ報知
1着のオマツリオトコ(左)と2着スペシャルエックス(カメラ・義村 治子)

◆第24回兵庫ジュニアグランプリ・交流G2(11月24日、兵庫・園田競馬場・ダート1400メートル=重)

 2歳馬による地方交流重賞は12頭(JRA5、地元4、ホッカイドウ2、大井1)が出走して争われ、2番人気でJRAのオマツリオトコ(牡、美浦・伊藤圭三厩舎、父ヴィットリオドーロ)が、横山武史騎手の手綱で力強く抜け出し、重賞初制覇を飾った。ダートはこれで3戦3勝。勝ち時計は1分29秒0。

 4馬身差の2着には5番人気のスペシャルエックス(田中学騎手)が逃げ粘り、そこから2馬身半差の3着には6番人気のデステージョ(吉村智洋騎手)が入った。この2頭はいずれもホッカイドウの所属。

 なお、1番人気のトレド(石川裕紀人騎手)は1コーナー過ぎで故障を発生し、競走中止となった。

 横山武史騎手(オマツリオトコ=1着)「これまで2度騎乗していて、癖などよく分かっていた馬。結果を出せて良かったです。スタートだけは得意ではないので気をつけました。前走でそれほど砂をかぶらず勝ったのでどうかと思ったが、砂をかぶっても勝ったので強い馬です。使うごとに反応も良くなっているし、思っていた以上に強い競馬でした。課題はありますが、逆に成長する余地があるということです」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×