【DeNA】育成契約で獲得の前ロッテ・西巻賢二が入団会見 「内外野どこでも守って、足を生かしたプレーを」

スポーツ報知
DeNA入団会見を行った西巻賢二(右)。萩原龍大・常務取締役チーム統括本部・本部長(左)から帽子をかぶせてもらう

 DeNAは24日、育成契約で獲得した前ロッテ・西巻賢二内野手の入団会見を行った。育成契約で年俸は600万円(金額は推定)。背番号は129に決まった。

「一日でも早く背番号2ケタになれるように。内外野どこでも守って、足を生かしたプレーを」と活躍を誓った。

 会見に同席した萩原龍大常務取締役チーム統括本部・本部長は「内野の全ユーティリティー性に加えてさらに今年、外野にも挑戦したというユーティリティー性の高さ。しっかりとした小力のある打撃。ファームでも昨季20個近く行った盗塁。そういった走力を全般的に評価して今回獲得にいたりました」と獲得意図を説明した。

 西巻は仙台育英から17年ドラフト6位で楽天に入団。19年オフに自由契約となり、ロッテに移籍。今季は2試合の出場に終わり、戦力外通告を受け、8日の12球団合同トライアウト(楽天生命パーク)に参加していた。4年間で1軍40試合に出場し、打率2割4分5厘、3打点だった。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×