【神宮大会】大阪桐蔭が森保ジャパンばりの5点差逆転で初の連覇 西谷浩一監督「総力戦。ベンチにいる者がいい準備」

スポーツ報知
6回から4番手で登板し、4回無失点の好救援で大阪桐蔭を明治神宮大会史上初の連覇に導いた前田悠伍はナインと喜び合う(カメラ・泉 貫太)

◆第53回明治神宮野球大会最終日 ▽高校の部決勝 大阪桐蔭6―5広陵(24日・神宮)

 大阪桐蔭が0―5から逆転し、高校の部では史上初の連覇で2度目の優勝を飾った。新チーム発足後、50連勝の広陵に初黒星を付けた。6回から4番手で登板した来秋ドラフト候補左腕の前田悠伍主将(2年)が、4回3安打無失点、7奪三振と好救援した。近畿地区は、来春センバツの神宮大会枠を獲得し、7枠となる。

 西谷浩一監督は、23日夜のサッカーW杯の日本―ドイツ戦を観戦したという。「(日本は)後半からの選手があれだけ活躍した。今日は総力戦で。苦しい中で、ああいう選手がいてるのはすごい。野球もそういう選手がいるのが大事。ベンチにいる者が、いい準備をしてくれよという話はしました。今日はレギュラーを2人外していたので、後半いってほしいという話をしました。使ってもらえないと怒っていたので」と、ベンチ入り18選手中、15人を起用して逆転勝ちにつなげた。

 指揮官が「僕が消灯という時間を守っていたら見ていないと思う」と隣の前田悠伍投手と山田太成左翼手(ともに2年)を見ると、2人は「見ていません」と決勝に備えて、早く就寝したと明かした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×