「ドイツ戦、18番最強説」浅野拓磨の逆転ゴール、優勝した11年前女子W杯とそっくりと話題!背番号も同じ

スポーツ報知
後半、浅野拓磨が勝ち越しゴールを決める(カメラ・宮崎 亮太)

 第1子妊娠中の元サッカー女子日本代表でタレントの丸山桂里奈が24日、自身のインスタグラムを更新。23日に行われたカタールW杯1次リーグ、ドイツ戦について言及。11年前、2011年の女子サッカーW杯で日本が優勝した際、ドイツと対戦し勝利した時の自身のゴールと、浅野拓磨の2点目逆転ゴールの“そっくりショット”を公開した。

 丸山は「色んな意見がありながらも、日本が勝つことを信じてました そして、まさにサブが大活躍する、試合を決める展開に、堂安選手のゴールで追いつき浅野選手のゴールで逆転勝ち 大興奮でした」と勝利に歓喜。

 「そして、試合が終わり次第何故か私にたくさんメールが届きました」と報告。現役時代「なでしこジャパン」の女子サッカーW杯で「11年前ではありましたが、対ドイツで絶対に勝てないと言われていた状況」で自身がシュートを決めた際の写真を掲載。「よーく見てみたら、スーパサブで右サイドからで右足で、、、シュートコースは違うのにほぼ同じ写真のように見えました そして、これはさんまさんからものりさんからも言われたのは、同じ背番号18番 ドイツ戦、18番最強説だねと言われました」と驚きの共通点があったことを報告。

 「あの試合で、私は延長後半からFWに上がり、円陣でのりさんに『お前が決めるんだ、おまえしか歴史を変えられないから!』と言われてピッチに出たんです。その時の言葉を思い出しました のりさんもすごくあのゴールと重なったよと言ってました。のりさんはずっと試合はサブが決めるんだて言い続けてくれました その中でも、チームがいい雰囲気で勝てるという空気が私たちが優勝した時に似ている気がします ジャイアントキリングて本当にありますよね。私は魔物が勝たせてくれたと、日本の応援が魔物を味方につけてくれたなと思うます 魔物て見たことないけど、もしかしたらいい人のように感じます 私たちは11年前だったのでもしかしたらその魔物が中年になってカタールにも来ていた可能性もありますね」と明るくつづった。

 ネット上でもドイツ戦での劇的勝利で「ドイツに勝って勢いに乗る なでしこの優勝を思い出す」と、11年前の女子W杯との共通点について言及する声があがり話題となっていた。

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×