アントニオ猪木さん、お別れの会は3月7日に両国国技館に決定…「ファンの方に最後のお別れをしていただきたい」

スポーツ報知
四十九日法要に参列したプロレスラーたち(総持寺で)

 10月1日に心不全のため79歳で亡くなった元プロレスラーで元参院議員のアントニオ猪木さん(本名・猪木寛至)のお別れ会が来年3月7日に両国国技館で行われることが24日、決まった。猪木さんの肖像権などを管理する猪木元気工場(IGF)が発表した。

 会はIGFと猪木さんが創設した新日本プロレスが共催。IGFの高橋仁志社長は「お別れの会は、今までお世話になったみなさま、ファンの方にたくさんご参列いただいて最後のお別れをしていただきたいと思います」と話していた。開始時間など詳細は未定で今後、発表される。

 この日は、猪木家の菩提寺となる神奈川・横浜市の総持寺で四十九日法要が営まれた。法要には、愛弟子の藤波辰爾、新日本プロレスの坂口征二相談役、永田裕志、小島聡、全日本プロレスの宮原健斗、ジェイク・リー、プロレスリング・ノアの清宮海斗、拳王などのレスラーが参列した。

 法要を終え、藤波は「時折、そうかいないのかとか思う」と師匠へ思いを馳せた。12月1日に代々木第2体育館でデビュー50周年記念大会を開催するが「この大会に猪木さんを招くことも予定していたんで、猪木さんがいるものだと思って試合をします」と誓っていた。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×