【注目馬動向】ソダシの全妹ママコチャ ターコイズSに向け初時計 池江調教師「馬体に幅が出た」

スポーツ報知
目下充実一途のママコチャ

 1勝クラスからの3連勝でオープンに昇格したソダシの全妹ママコチャ(牝3歳、栗東・池江泰寿厩舎、父クロフネ)は、今週、放牧から栗東トレセンに帰厩。重賞初制覇を狙うターコイズS・G3(12月17日、中山・芝1600メートル)へ向けて11月24日、初時計を記録した。

 この日は坂路を馬なりで流して52秒9―12秒5。放牧明けだが、太め感はなく、きびきびとした動きを披露した。

 また、僚馬で天皇賞・秋10着だったアブレイズ(牝5歳、父キズナ)も同レースに向かう。

 ママコチャについて池江調教師は「いいですね。乗った助手は“さらに成長している”と言っていました。馬体に幅が出てメンタル面も成長していますよ」と4連勝で重賞を射止めるつもりだ。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×