クリストフ・ルメール騎手がサッカーW杯でドイツ撃破の日本を称賛「さすが日本人!」

スポーツ報知
ドーハの歓喜に酔いしれたというルメール騎手

 仏1部のパリSGのサポーターでもあるサッカー好きのクリストフ・ルメール騎手=栗東・フリー=が、サッカーのカタールW杯で強豪ドイツを下した日本代表を褒めたたえた。11月24日、第42回ジャパンC・G1(同27日、東京・芝2400メートル)の外国馬関係者の公式記者会見後に話した。

 当日はバーで多くのお客さんとともに日本対ドイツ戦を観戦。「お客さんみんなとエキサイト(興奮)しましたね。前半はちょっと心配しました。ドイツが日本にすごいプレッシャーをかけて2、3点目を取られないか心配していました」と前半終了時点ではやや日本の劣勢を感じていた。

 だが、後半の逆転劇に「後半日本がレベルアップしましたし、1―1、2―1になったときみんなで盛り上がりました。さすが日本人です。ずっとずっと頑張ってたし、最後疲れている中でもまた走って、ファイトしました。僕はフランス代表を応援していますが、フランスと日本が上(決勝トーナメント)で戦えればいいですね」とエールを送っていた。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×