【神宮大会】大阪桐蔭が6回に5点差を逆転 6回から4番手で前田悠伍が登板

スポーツ報知
5回2死満塁、同点の押し出し四球を選んだ大阪桐蔭の長沢元(カメラ・泉 貫太)

◆第53回明治神宮野球大会最終日 ▽高校の部決勝 大阪桐蔭―広陵(24日・神宮)

 大阪桐蔭が6回に山田太成左翼手(2年)の適時内野安打で勝ち越し、5点差を逆転した。

 大阪桐蔭は0―5の5回、八瀬山大悟一塁手(2年)の左犠飛、山田太成左翼手(2年)の左越え適時二塁打、徳丸快晴右翼手(1年)の左前適時打、南川幸輝捕手(2年)の右前適時打、長沢元中堅手(2年)の押し出し四球など、打者11人の猛攻を見せた。

 広陵は2回、大阪桐蔭の連続適時失策と小林隼翔遊撃手(2年)の左前適時打で3点を先制した。4回は広陵のボンズ”こと、真鍋慧(けいた)一塁手(2年)が今大会2本目、高校通算49号の2ランを右中間の中段に放り込んだ。

 大阪桐蔭は先発の南恒誠(2年)、南陽人(1年)、松井弘樹(2年)とつなぎ、6回から来秋ドラフト候補左腕の前田悠伍主将(2年)が登板した。

 広陵は先発の倉重聡(2年)が5回途中で降板。高尾響(1年)が2番手でマウンドに上がった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×