大人も子供も満喫ニジマス釣り&BBQ「初心者のためのニジマス釣り教室」…大阪・水無瀬川「水無瀬川 尺代アマゴ・マス釣り場」

スポーツ報知
豊かな自然に囲まれながらニジマス釣りを満喫した谷口盛章さんファミリー

 FIE(教育の現場で釣りを活用しよう)推進委員会主催の「第3回初心者のためのニジマス釣り教室」が3日、尺代漁業協同組合「水無瀬川 尺代アマゴ・マス釣り場」で開催され、11グループ43人と、講師7人で約2時間のニジマス釣りを楽しんだ。

 使用した竿は持ち帰り、これを機に継続して釣りを楽しんでもらいたいとの主催者側の願いから、できることは自分でしてもらう方針で講師一同教室に臨んだ。

 午前9時半、釣り方マニュアルと仕掛け、餌、竿が参加者に手渡され、担当講師が釣り場まで誘導した。魚は参加者の目の前で放流するシステムで、初めてニジマスを見た子どもたちからは「大きい」や「泳いで行って見えへん」、「釣れるかな」などの声が聞かれた。

 放流後30分ほどは魚の反応は良かったが、その後はなかなか釣りづらくなった。同11時頃に見回り、各釣り場で声を掛けると「ボチボチ釣れてます」や「最初は釣れましたが、今は止まってます」。そんな中「3尾も釣れました」の声には、救われた思いでホッとした。

 正午に教室は終了。尺代漁業協同組合・組合長の渕本一雄氏から釣り場の特徴、システムなどの説明があった。その後、抽選で全員に協賛各社から提供された賞品の詰め合わせが手渡された。他にも女性にはピンクのTシャツ、子供限定で「うきまろ君バッグ」、全員でクーラーボックス争奪のジャンケン大会があり、大盛況のうちに教室は閉会となった。

 コロナ禍で3年ぶりの教室となったが、「家族で楽しめる趣味が出来て良かった」などの声も届いた。閉会後はバーベキューや追加放流して釣りを楽しむグループなど、午後5時の閉場時間いっぱいまで思い思いに秋晴れの1日を過ごしていた。

 「水無瀬川 尺代アマゴ・マス釣り場」は釣り&バーベキューが楽しめる貴重な釣り場。人気があるので必ず予約して出掛けよう。

 問い合わせは「尺代漁業協同組合」(TEL075・961・6500)へ。料金はアマゴ1人4300円、ニジマス大人3900円、子供2900円。時間は午前8時から午後5時まで。(報知APG・峰松茂美)

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×