不登校のゆたぼん、日本一周で「●●●万円」の貯金を使い果たしたと報告…父「無駄ではなく必要な経験」

スポーツ報知
ゆたぼんのインスタグラム(@yutabon_youtuber)より

 「少年革命家」として日本一周を敢行した中学生ユーチューバー「ゆたぼん」が24日までに自身のSNSを更新。日本一周での費用を報告するとともに、貯金を使い果たしたと明かした。

 ゆたぼんは23日にインスタグラムで「ゆたぼんスタディ号で日本一周中に●●●万円使って、貯金ぜんぶ使い果たしました」とつづり、うなだれる姿をアップ。「少年革命家ゆたぼんチャンネル」(登録者15万3000人)では同日、「アンチの皆さん、すみませんでした」と題した動画をアップし、「【悲報】貯金ぜんぶ使い果たしました」と題した動画を投稿した。

 クラウドファンディングで487万円が集まり、手数料や返金などを引いて残ったのは約380万円。専用車の1・1トントラック、カーナビなどを購入し、改造や保険を含めて約300万円。フェリー代、ガソリン代で約68万円。また出発前に支援者へのリターンとして東京や大阪まで会いに行き、約20万円。さらに宿泊費で約18万円、駐車代で約11万円。銭湯やコインランドリー、高速代などで約20万円。ロープウェーなどの雑費で約34万円。食費で約34万円と説明。その上で自身の「●●●万円」の貯金を使い果たしたと語った。金額は伏せ字だが、●の数からして数百万円の可能性がある。

 「今回は思った以上にガソリン代が高かったことと、駐車場代がけっこうかかって、ホンマに大変でした。これも全部がスタディーになったんで、俺はホンマにやってよかったと思ってます」と、ゆたぼん。「何の挑戦もしてないアンチたちが署名活動とかして邪魔してきたけど、そんなんじゃ俺を止めることはできへんかったし、これからも俺はやりたいこと全力でやって、自由に楽しく生きていくから、みんなもやりたいこと全力でやって、自由に楽しく生きようぜ!」と話した。

 父で心理カウンセラーや講演会講師などを務める実業家の中村幸也氏も24日に自身のツイッターを更新。「親や大人が無駄と思える事も子どもにとっては無駄ではなく、必要な経験だったりする。お金の使い方も今欲しいものを買うのが子どもにとって最も満足度が高いし、金銭感覚を身につけるには無駄遣いのように思える使い方も必要なのかもしれない。そうやってお金を使う事もお金について考える絶好の機会」とした。

 ゆたぼんは、大阪府内の小学校に通っていた小学3年時に不登校に。昨年末に「47都道府県をまわり、不登校の子やその親御さんといった多くの人たちに元気と勇気を与えたい」と宣言。クラウドファンディングで支援を募り、6月30日から専用車で日本一周をスタート。今月13日にゴールしたことを報告した。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×