【ロッテ】育成3位・富士宮東の勝又琉偉内野手が入団交渉で合意…オリックス山本由伸との対戦熱望

スポーツ報知
マーくん人形を手に笑顔を見せる富士宮東・勝又

 ロッテから育成3位で指名された富士宮東高・勝又琉偉内野手(3年)が23日、富士宮市内の旅館で入団交渉を行い、支度金300万円、年俸230万円(金額は推定)で合意した。背番号は129に決定。188センチ、78キロのホープは将来的な目標としてオリックス・山本との対戦を熱望した。

 いよいよプロへの一歩目を踏みだした。両親同席のもと交渉を終えた勝又は報道陣に対応。「一日でも早く支配下(選手)になれるようにという気持ちが強くなった」。初めてピンストライプのユニホームにも袖を通し、「格好いいですね。早くこれを着てプレーしたい」とはにかんだ。

 支配下登録、1軍昇格をつかんだ先に見据えるのが沢村賞右腕とのマッチアップだ。山本の名を挙げ「日本で一番すごいピッチャー。そういう人とやってみたい」と目を輝かせた。現在は冬場のトレーニング期間に入り、筋トレと木製バットでの打撃を両立。「3年以内に支配下入りしたい」と、休む間もなく振り込みを続けている。

 今後は12月上旬に都内で入団発表会見を行い、来年1月には入寮と新人合同自主トレが待つ。ロッテ製品では「パイの実」が大好物というルーキーが、決して甘くはないプロの世界で踏ん張っていく。

(武藤 瑞基)

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×