同点ゴール堂安律、ツイッターで応援に感謝「共に新しい景色を見ましょう!」約1時間で1万超「いいね!」

スポーツ報知
後半、堂安律の同点ゴールをイレブンが祝福(カメラ・宮崎 亮太)

◆カタールW杯 ▽1次リーグE組 ドイツ1―2日本(23日・ハリファ国際競技場)

 MF堂安律の左足が、日本を救った。1点を追う後半30分。途中出場したMF南野が左サイドから中央に折り返すと、ドイツ代表GKノイアーがはじいた。ここに飛び込んできたのが堂安だ。左足で押し込み、貴重な同点ゴール。日本中に歓喜を巻き起こすと、スタンドに向けて大きく腕を振り上げた。日本代表としては19年1月以来、約3年10か月振りのゴールが、劇的な逆転勝利の“火付け”となった。

 試合後には自身のツイッターを更新。「皆さん熱い声援ありがとうございました! 一喜一憂することなく次準備していきます。共に新しい景色を見ましょう!」と投稿すると、約1時間で1万を超える「いいね!」が集まっていた。

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×