板倉×浅野の「内側仲間」が生んだ逆転弾「ケガしてから意思疎通できるようになった」

スポーツ報知
後半、シュートを放つ浅野拓磨(カメラ・宮崎 亮太)

◆カタールW杯 ▽1次リーグE組 日本2―1ドイツ(23日・ハリファ国際競技場)

 【ドーハ(カタール)23日=スポーツ報知W杯取材班】FIFAランキング24位の日本が、同11位のドイツに劇的な逆転勝ちで白星発進した。後半30分に途中出場のMF堂安が同点ゴール、同38分に同じく途中出場のFW浅野が逆転ゴール。優勝4度の強豪相手に歴史的な勝利をもぎ取った。

 膝が、足が、自然と動き出した。1―1の後半38分、DF板倉のロングパスにタイミング良く抜け出した浅野は、相手DFと競り合いながら、名手ノイアーの頭上をぶち抜くシュートを決めた。「正直、(板倉)滉がボールを持った瞬間に、あ、これ来るなと思いました。まあ、内側(ないそく)仲間なので、僕らは。怪我してから意思疎通ができるようになりました」と話せば、板倉も「(浅野)拓磨くんが走ったのが見えた。膝の仲間だったので」と逆転弾の裏側を明かした。

 カタールW杯まで2か月と迫った9月のほぼ同時期に、浅野は右膝内側側副じん帯を、板倉は左膝内側側副じん帯を部分断裂した。ドイツ・デュッセルドルフにあるJFAの欧州オフィスへ、リハビリのため、2人で毎日通った。浅野は「毎日顔合わせていて、やれるよと二人で励まし合いながら、ここまでやってこれたので。このホットラインができたのもそのおかげ。準備してきた結果かなと思います」と振り返った。

 ケガから復活を果たし、優勝候補のドイツを破る立役者となった。「今日の試合だけに関してはヒーローになれたかなと僕自身思いますし。4年前から1日も欠かさずこういう日を想像して準備してこれたので。それが本当に結果につながった思います」と浅野。ケガの功名が生んだ劇的なゴールだった。

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×