森保ジャパン、次戦コスタリカ戦勝利で1次リーグ突破の可能性 スペインがドイツに引き分け以上で

スポーツ報知
初戦で勝利し、笑顔を見せる森保一監督(カメラ・小林 泰斗)

◆カタールW杯▽1次リーグE組 スペイン7―0コスタリカ(23日・アルスママ競技場)

 【ドーハ23日=岡島智哉】第2戦で日本と対戦するコスタリカは、スペインに0―7で大敗した。

*  *  *

 これでE組は日本とスペインが勝ち点3、ドイツとコスタリカが勝ち点0に。得失点の関係で1位スペイン、2位日本、3位ドイツ、4位コスタリカとなった。

 第2戦のカードは「日本―コスタリカ」と「ドイツ―スペイン」。日本がコスタリカに勝利し、スペインがドイツに引き分け以上だと、日本が勝ち点6、スペインが同6または4、ドイツが同1または0、コスタリカが0となるため、第3戦を待たずに日本の1次リーグ突破が決定する。

 過去の16強進出(02年日韓大会、10年南ア大会、18年ロシア大会)はいずれも第3戦で突破が決定している。森保監督は8強入りをもくろみ、1次リーグのどこかのタイミングでターンオーバー(主力の入れ替え)を導入することを示唆しているが、どのタイミングとなるのか注目が集まる。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×