「ドーハを歓喜の場に」NHKの「縦読みエール」が予言的中…「ドーハの悲劇」から29年

スポーツ報知
スポーツ報知の紙面

 NHKが23日に放送したサッカーW杯の日本・ドイツ戦に関して、スポーツ報知など新聞各紙のテレビ欄を縦読みさせて「ドーハを歓喜の場に」と粋なエールを送ったが、見事に予言的中となった。

 94年米国W杯出場を逃した、伝説の「ドーハの悲劇」から29年。悲劇を選手として経験し、W杯出場を目前で逃した森保一監督が、再びドーハの地に戻って指揮官としてW杯を戦い、ジャイキリを成し遂げた。

 NHKは「NHKプラス4Kもドイツと注目の一戦!10時試合開始」「鍵はハイプレス・相手の球を奪い反撃!ゴールの歓声は日本中に希望と喜びを」「ベスト8以上の目標達成に向け正念場」「今夜は青い炎を胸に応援しよう」とテレビ欄でつづり、縦読みすると熱きメッセージが浮かぶ、エールを送っていた。

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×