【あすの舞いあがれ!】兄の“悠人”横山裕から、奇妙な小包が岩倉家に届く

スポーツ報知
「舞いあがれ!」の一場面(C)NHK

 女優の福原遥がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」(月~土曜・午前8時)で25日、第40話が放送される。その内容は…。(以下、ネタバレがあります。ご注意ください)

 宮崎での座学課程の最終試験を受ける舞(福原)たち。結果は全員合格だった。学生たちは、帯広でのフライト課程を前に一度帰省。東大阪にいる父・浩太(高橋克典)と母のめぐみ(永作博美)は、舞をごちそうで出迎える。そんな折、兄の悠人(横山裕)から送られた小包が岩倉家に届く。中には金色の奇妙な人形が入っていた。舞は早速悠人に電話をするが、とりつく島もない。

 「舞いあがれ!」は第107作目の連続テレビ小説。東大阪で生まれ育ったヒロイン・岩倉舞が、長崎の五島列島を訪れたことをきっかけに、空を飛ぶ夢に向かって奮闘する物語。舞台は1990年代から現在で、11月21日放送分からの脚本は嶋田うれ葉氏が担当。ドラマは4月8日にクランクインした。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×