カド番正代、連敗を3で止める「負けが込んできているので、どうしても星の関係で意識」

スポーツ報知
若隆景(左)を寄り切りで下す正代(カメラ・佐々木 清勝)

◆大相撲 ▽九州場所11日目(23日・福岡国際センター)

 カド番の大関・正代(時津風)が連敗を3で止めた。関脇・若隆景(荒汐)との一番ではやや立ち遅れたが、左をのぞかせると右もねじ込んで寄り切った。「ちょっと立ち遅れたのはあったんですけど、それが逆にいい角度で入れたのかなとは思います」と振り返った。

 これで5勝6敗。「その後の攻めも良かったので、あとは立ち合いが硬くなってるかなというところがあるので、そこは気になるところですね。負けが込んできているので、どうしても星の関係でだいぶ意識しているのかなというのはあります」と心境を明かした。

 ただ、ここで黒星の連鎖を止めたことは事実。「(自分の)形になってからの攻めは良かったと思うので、そこの感覚を生かしていけたらなとは思っています。(精神状態は)いいとは言えないですけど、集中切らさないように続けていけたらなとは思っています」と必死に前を向いた。

 八角理事長(元横綱・北勝海)は「流れが良かった。正代はこういう気持ちでしょうね」と振り返った。幕内後半戦の藤島審判長(元大関・武双山)は「今日は当たりから出足から良かったですね。相手も実力者ですから。やれる、っていう気になっていると思いますよ」と評していた。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×