稲村愛輝、ナショナル王座初挑戦で奪取ならず…ワグナーJr.が初防衛…ノア代々木第2全成績

スポーツ報知
ワグナーJr.

◆プロレスリング・ノア「NOAH the BEST 2022」(23日、代々木競技場第2体育館)観衆872

 プロレスリング・ノアは23日、代々木競技場第2体育館で「NOAH the BEST 2022」を開催した。

 メインイベントのGHCナショナル選手権で王者イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.が稲村愛輝と対戦。ワグナーJr.の空中殺法と稲村のパワーが真っ向からぶつかった息詰まる熱戦は、ワグナーがムーンサルトプレスで稲村をフォールし初防衛に成功した。

 2018年9月にデビューした稲村はデビュー5年目を迎え、初のシングル王座挑戦で初のシングルマッチでのメインとなったがベルトにはあと一歩、届かなかった。試合後は無言で雨の渋谷へ消えた稲村とは対照的に王者は初防衛に歓喜。「ファンのみなさん、稲村さんありがとうございます。ビバ、ノア!ビバ、日本!またみなさん、すぐにお会いしましょう」と胸を張っていた。

 

 

 11・23代々木全成績

 ▼第1試合・タッグマッチ

モハメド ヨネ、〇齋藤彰俊(10分22秒、アイアンクロ―スラム→片エビ固め)タダスケ、Hi69●

 ▼第2試合・シングルマッチ

〇鈴木秀樹(12分56秒、レフェリーストップ)谷口周平●

 ▼第3試合・6人タッグマッチ

〇小川良成、矢野安崇、藤村加偉(11分36秒、反則勝ち)NOSAWA論外●、Eita、スペル・クレイジー with鈴木鼓太郎&日高郁人

 ▼第4試合・シングルマッチ

〇ジャック・モリス(13分54秒、タイガードライバー→エビ固め)稲葉大樹●

 ▼第5試合・6人タッグマッチ

〇丸藤正道、望月成晃、田中将斗(17分27秒、変型回転エビ固め)杉浦貴●、藤田和之、ティモシー・サッチャー

 ▼第6試合・タッグマッチ

〇AMAKUSA、アレハンドロ(11分13秒、変型十字架固め)ダンテ・レオン●、YO―HEY

 ▼第7試合・6人タッグマッチ

〇清宮海斗、小島聡、マサ北宮(18分06秒、変型シャイニングウイザード→片エビ固め)拳王●、中嶋勝彦 征矢学

 ▼GHCジュニアヘビー級タッグ選手権

挑戦者組・〇小峠篤司、吉岡世起(23分40秒、キルスイッチ→エビ固め)王者組・近藤修司、大原はじめ●

 ▼GHCナショナル選手権

〇王者・イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.(18分06秒、ムーンサルトプレス→片エビ固め)挑戦者・稲村愛輝●

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×