【日本ハム】FA権行使の近藤健介、交渉一巡も決まらず「年内には決めたいですが、本当に分岐点」と吐露

スポーツ報知
引退する杉谷は「前進セレモニー」で近藤(左)から花束を受ける(カメラ・竜田 卓)

 日本ハムから海外FA権を行使した近藤健介外野手(29)が23日、札幌Dでのファンフェスティバルに出席し、悩める胸中を語った。残留を要請している日本ハムを含めソフトバンク、オリックス、西武、ロッテとし烈な争奪戦の中、交渉が一巡したことを明かし「(チームは)決まってはない。納得して決めたい。期限はあまり設けない。年内には決めたいですが、本当に分岐点。しっかり悩んで」と吐露した。

 日本ハムや他球団の評価にも感謝し、現状は「絞れているところはない」という。その中で重要視するのは「もちろん野球選手である以上、優勝したい。その中のピースとしてグラウンド上に立っていたい」。今後については「これ(球団行事)が終わって、また落ち着いて考える時間をつくって、(オファーしている球団に再び)会いたいと思えば会うと思います」と熟考を重ねていく。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×