【元白鵬・宮城野親方の目】朝青龍・甥VS大鵬・孫の対戦は「歴史的な日」になるか 熱戦に期待です

スポーツ報知
豊昇龍(右)が寄り切りで御嶽海を破る(カメラ・佐々木 清勝)

◆大相撲 ▽九州場所11日目(23日・福岡国際センター)

 関脇・豊昇龍が1敗を守り、単独トップに立った。関脇・御嶽海に寄り切りで快勝。三役で自身初の2ケタ白星に乗せ、大関昇進への足掛かりもつくった。並走していた西前頭13枚目・王鵬は2敗に後退。東同筆頭・高安を加えた2人が1差で追う展開となった。12日目は豊昇龍と王鵬の優勝を争う2人の直接対決が組まれた。

 * * *

 豊昇龍は当たってから低い姿勢を保ち、左前まわしを取ることができました。あとは落ち着いて引きつけて盤石の寄りでした。対する御嶽海は調子が上がらず、精神的にも難しい状態だったでしょう。気力の差が出た一番でもありましたね。

 今場所の豊昇龍は、相手をしっかり分析し、それに応じて立ち合いを変えて取り組んでいる姿勢が見えます。結果、過去5戦全敗だった翠富士に勝利するなど、苦手意識のある力士を何人か倒しています。初日の琴ノ若戦でぎりぎりの勝負を拾ったことも、単独トップにつながっていると思います。

 12日目は同学年で初土俵も同じ王鵬との一番が組まれました。王鵬は組むならがっぷりか、上手を先に取れるかが鍵。ただ、豊昇龍には揺さぶりや強い投げがあります。最近の王鵬は、左右のおっつけや右の突きが光っていますので、それを貫けばいいと思います。対する豊昇龍は、右でも左でも、どちらか先にまわしを取りたいでしょう。

 大鵬関を祖父に持つ王鵬と、朝青龍関を叔父に持つ豊昇龍。幕内では初対戦です。振り返れば歴史的な日だった、となるかもしれません。そう言われるような熱戦を期待したいですね。(宮城野親方=元横綱・白鵬、スポーツ報知評論家)

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×