G大阪、ポヤトス新監督の就任発表 初のスペイン人監督 降格危機救った松田浩監督は退任

スポーツ報知
ダニエル・ポヤトス監督

 G大阪は23日、松田浩監督(62)の退任と、ダニエル・ポヤトス新監督(44)、マルセル・サンツヘッドコーチ(40)の就任を発表した。

 8月に就任し、J2降格危機のチームをJ1残留に導いた松田監督に代え、今季までJ2徳島を率いたスペイン人指揮官の下でチームの再建を図る。ポヤトス新監督は「私のプロサッカー監督人生において新たな大きなチャレンジが始まることをうれしく思います。今日というこの日は私の心に刻まれます。このクラブの監督を任されたことを誇りに思っています」などとコメントした。

 クラブを救った松田監督は「約3か月半でしたが、G大阪で思い切り仕事ができたことはまたひとつ自分自身の大きな学びとなりました。これから先もG大阪が益々強く、大きなクラブに発展していきますことを心から祈っております」とコメントした。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×