【巨人】岡本和真、第20代主将 同じ27歳で坂本勇人からバトン「絶対優勝します」

スポーツ報知
巨人の第20代主将となった岡本和はファンの前であいさつする(カメラ・中島 傑)

 巨人・岡本和真内野手(26)が23日、東京Dで開催された「ジャイアンツ・ファンフェスタ 2022 supported by DAZN」のフィナーレで、原辰徳監督(64)に巨人軍第20代主将を任命された。同職を8年間務めた坂本勇人内野手(33)から伝統のバトンを受け継ぐ。来季は副主将の吉川尚輝内野手(27)、投手主将の戸郷翔征投手(22)と協力し合ってチームを先導し、11年ぶりの日本一を目指す。

 岡本和が東京Dに詰めかけた3万8595人の視線を一身に浴びた。終始、笑顔に包まれたファンフェスタの最後。新人紹介に続いて登場した原監督が「何度もすみません」と話し始め、途中から一気に語気を強めた。「ここで一つ来季、8年にわたってキャプテンを引き受けてチームをけん引してきた坂本勇人、卒業させます。まずは坂本勇人に拍手を送ってあげてください」。そして、明言した。

 「これからが問題です。2023年度の新キャプテン、岡本和真。副キャプテン、吉川尚輝。投手キャプテン、戸郷翔征。この3人で、大きな目標に向かって戦ってまいります。来年もよろしくお願いします」

 15年から第19代主将を務めてきた坂本。指揮官は「チームのこと全てを考えるのではなく個人というものも。楽に戦わせようと思いました」と交代理由を明かした。ファンの前で重いバトンを受け取った岡本和は「何度も失礼いたします」と監督の言い出しをマネして笑いを取った後、短い言葉に決意を込めた。

 「来季からキャプテンを務めます、岡本です。今年はファンの方々も、僕たちもめちゃくちゃ悔しい思いをしましたので、来年は絶対優勝します。応援お願いします」

 新主将は智弁学園から14年ドラフト1位で巨人に入団。プロ4年目の18年シーズンにレギュラーを獲得し、同年から5年連続で30本塁打以上を記録。巨人軍の看板選手のみならず、日本球界屈指の大砲に成長した。坂本も以前から自身の後継者として名を挙げていたが、原監督も「そういう時期だと思うし。十分それ(主将の座)に値する選手だと思います」と実力を認めた上での任命だ。さらに「(リーダーの自覚が)深まってくれるといいと思います」と期待を寄せた。

 来季27歳シーズンでのキャプテン就任は戦後、先代の坂本らと並んで球団最年少タイ。若大将は「正直いい思い出は一つもない」と4位に終わった今季を振り返った。「来シーズンは優勝になんとか貢献して頑張っていきたいと思っております」。G党は新時代の到来を待ち望んでいる。2023年。覇権奪回へ、岡本ジャイアンツが始動する。(中野 雄太)

 ◆巨人の副主将と投手主将 今季は主将・坂本が故障のため開幕1軍から漏れたことを受け、原監督が小林をキャプテン代行に指名。その後、坂本が早期復帰したため、近年では例のない副キャプテンを務めることが決まった。また投手キャプテンもキャンプでは設けるケースはあるが副キャプテンとともに通年で両ポジションを置くのは異例だ。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請