古江彩佳“4度目の正直”へ、やっぱり「チキン(弱気)」食べず「トンカツ(勝つ)」でV! 国内女子ゴルフ今季最終戦

スポーツ報知
10番、笑顔を見せる古江彩佳 (カメラ・豊田 秀一)

◆女子プロゴルフツアー今季最終戦 メジャー▽JLPGAツアー選手権リコー杯(24日~27日) プロアマ日(23日、宮崎・宮崎CC=6487ヤード、パー72 報知新聞社後援)

 今季から米女子ツアーを主戦場としている古江彩佳(富士通)が、4年連続4回目出場となる今大会へ向けてプロアマ戦に参加した。渋野日向子、笹生優花と同じく先週、米ツアーの今季最終戦を終えて現地時間21日早朝に離米して22日夜に宮崎県到着。古江は「日本に帰ってこられて、試合に出られるのは楽しみ。やっぱり、楽しみたいと一番思います」と笑顔を見せた。

 ルーキーシーズンだった米ツアーでは、今季ポイントランクで畑岡奈紗に次ぐ日本人2番手の17位に入り「そこそこ、満足ではあるかな。70~80点くらい」と自己評価。異国の地でたくましさを増した姿を日本のファンに披露してきたが、1年たっても変わらない姿があった。「試合期間は多分できないが、地鶏を食べたいです」。昨年のこの大会でも明かしたが、今年も宮崎名物の地鶏を大会期間中に限っては食べない意向。英語の「チキン」が「弱気や臆病」の意味で使われることから、高校以来続く験担ぎで大会中の鶏は控えてきただけに、「練習ラウンドの時しか食べてないです。今日は食べない。トンカツです」と笑った。

 今大会は初出場の2019年から2、2、3位と好成績ながら、あと一歩で優勝を逃してきた。古江は「目指すところは優勝。ここで数年間やらせてもらって、惜しいところで終わっている悔しさがあります」と本音を漏らした。“4度目の正直”へ「今年1年、いろいろと経験してきました。ゴルフはもちろんだけど、英語や身の回りのこと。日本とは違うので、気持ちの面でも強くなったところはあると思います。その経験を生かしたいです」。日本のファンに、成長した姿を目の前で示すことを誓った。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×