大谷翔平所属のエンゼルスが今度は今季29本塁打のレンフロー外野手を獲得…今オフ3人目の積極補強

スポーツ報知
エンゼルスが獲得したレンフロー(ロイター)

 大谷翔平投手所属のエンゼルスが22日(日本時間23日)、ブルワーズから今季2割5分5厘、29本塁打、72打点のハンター・レンフロー外野手を若手3投手との交換トレードで獲得した、と発表した。30歳のレンフローは2019年33本塁打、21年にも31本塁打を放ったパワーヒッター。来季9年ぶりのポストシーズン進出を目指し積極補強が続く。

 エンゼルスはツインズから今季2割8分5厘、13本塁打のユーティリティープレーヤーのジオ・ウルシェラ内野手をトレードで、ドジャースからは今季15勝をマークしたタイラー・アンダーソン投手をFAで獲得し、着々と戦力を整えている。

 2014年を最後にポストシーズン進出がないエンゼルス。大谷、トラウトとメジャーを代表するビッグスターを擁するチームがやる気になってきた。

 エンゼルスのミナシアンGMはウルシェラ獲得に際に「ロースターは柔軟性があればある程好ましい。色んなスポットが可能だと思う」と話していたが、一発屋のレンフローだけに中軸に座るものとみられる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×