ジャッジがジャイアンツと面談と米メディア報道 ヤンキースの最大のライバルと目される球団

スポーツ報知
ジャッジ(ロイター)

 今季、61年ぶりにア・リーグ年間最多本塁打記録を62本をマークして全米野球記者協会会員による最優秀選手賞に選出されたヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手。FAとなったこのオフ「(FAの)状況を楽しんでいる」とMVP受賞時に語っていたが、ヤンキースに次いで、最大のライバルと目されるジャイアンツと22日に面談した、と米各メディアが伝えた。

 21日にサンフランシスコで取材に応じたジャッジは「家族や友人を訪ねる。それだけです」と話したという。幼少時に養子縁組で教師夫婦に引き取られたジャッジはサンフランシスコの東約100マイル(約160キロ)近郊のリンデンで育った。

 報道によるとジャイアンツに続いてドジャースとも面談が予想されている。

 ジャッジへの予想オファーは8年3億3200万ドル(約468億円)とされているが、資金が潤沢なヤンキース、ジャイアンツにドジャースが争うようだともっと跳ね上がる可能性は十分ある。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×