吉田拓矢の絶対に負けられない戦い…小倉G1競輪祭2日目

スポーツ報知
S班キープへ初戦から勝負をかける吉田拓矢

◆第64回競輪祭・G1 ナイター・2日日(23日、福岡・小倉)

 初日の「一次予選1」は賞金ランク5位の守沢太志、6位の郡司浩平、7位の平原康多が快勝し、好仕上がりをみせた。ボーダーライン上の清水裕友は3着スタート、8Rに登場した脇本雄太は3着に敗れ、3連単は58万3010円の大波乱となった。「ガールズTR予選1」は9Rで柳原真緒、10Rで児玉碧衣、11Rで太田りゆ、12Rで佐藤水菜がそれぞれ勝利した。2日目は残りの「一次予選1」と「同2」、「ガールズTR予選2」が行われる。昨年覇者で賞金ランク12位の吉田拓矢は4Rに登場し、白星発進を目指す。

 【4R・一次予選1・16時38分】昨年覇者の吉田は賞金でもGP出場の可能性を残すが、やはり優勝しか考えていない。積極駆けが身上の岩谷が主導権を握るなら、まずは吉田と山口の位置取り争いがカギとなる。吉田がそつなく攻めて3番手からまくって出る。マーク堅実な大槻との7⇔1を中心に73、72。岩谷が早めの仕掛けなら山田がシビアに踏んで逆転も。

 1大槻寛徳、2山田英明、3山口拳矢、4新山将史、5東口善朋、6松本貴治、7吉田拓矢、8岩谷拓磨、9阿竹智史

 展開 82 35 69 714

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×