アメフト立命大・太田郁也 阪神・佐藤輝を手本に成長「一緒に練習も」 関西学生リーグ・27日関学大戦

スポーツ報知
立命大のDL太田郁也

 関西学生アメリカンフットボール1部リーグの立命大は22日、27日の関学大戦(万博記念)に向けて、滋賀・草津市内の同校グラウンドで練習を公開した。DL太田郁也(4年)=仁川学院=は「チーム全体として、関学に勝ちたいという気持ちを1年間持ち続けてやってきた」と、打倒・関学大に意気込んだ。

 太田の父・貴さんは元阪神投手で、現在はスコアラーを務める。「やりたいことはなんでもやらせてくれた。野球も自分からやりたいと言ってさせてもらった。アメフトも『頑張れ』って言ってくれた」。父の現役時代は写真で見たくらいだと言うが、自身も小学校入学前に兄と同じ少年野球チームに入団。兵庫・仁川学院高時代は、2学年上に現阪神の佐藤輝明がいた。「佐藤さんは最初キャッチャーされてて、少しだけ一緒に練習もさせてもらった。(当時から)すごい選手だなって。周りが帰っても1人だけバットを振ったり、周りがやってない時にやることを学んだ」と太田。立命大でアメフト転向後も佐藤輝の姿勢を手本に、ウエイトトレーニングやランニングに取り組んだことで体重は20キロ増。4年生になって出場機会を勝ち取った。

 関学大に勝てば、同率優勝と決勝が甲子園ボウルの全日本大学選手権準決勝出場の可能性が残る。高校最後の夏は東兵庫大会初戦負けに終わった太田。「アメフトでもう1回日本一目指して、甲子園でプレーしたい」と力を込めた。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×