【神宮大会】 名城大が明大に敗れ、43年ぶりの決勝逃す 

スポーツ報知
1回1死満塁、押し出しで先制点を献上した名城大の先発、真田拓(カメラ・泉 貫太)

◆第53回明治神宮大会第5日 ▽大学の部 準決勝 明大5―1名城大(22日・神宮)

 名城大(北陸・東海3連盟)は明大(東京六大学)に敗れ、準優勝した79年以来、43年ぶりの決勝進出を逃した。

 2試合連続で完封勝利を挙げた名城大の投手陣が立ち上がりから明大打線につかまった。初回に押し出し四球と遊撃内野安打で2点を先制されると、その後も2本の本塁打を浴びるなどして5回までに5失点。来秋ドラフト候補の最速151キロサイド右腕・松本凌人投手(3年)は8回から登板し、2回1安打無失点、2奪三振の好救援を見せたが、及ばなかった。

 打線は明大投手陣に4安打に抑え込まれ、馬渕壮史遊撃手(4年)の左越えソロによる1得点に終わった。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×