Cocomi、コロナ陽性でデビューリサイタルを延期…隔離治療も体調戻らず「本当に申し訳ありません」

スポーツ報知
Cocomi

 俳優・木村拓哉と歌手・工藤静香の長女で、モデルでフルーティストのCocomiが22日、自身のインスタグラムを更新。新型コロナウイルス陽性となったことを報告し、24日のデビュー・リサイタルを延期すると発表した。

 「本当に申し訳ありません。14日大学でコロナ感染者が出たので念の為、5日間は様子を見ようと14日から隔離部屋に移動していました。検査をしましたが14日15日陰性でした。そして16日にPCR検査をした所、陽性反応が出てしまいました」と経緯を説明。

 「隔離部屋に入ってから今日で9日目となります。23日に隔離は解けるので24日までに自主練習をすれば何とかなると信じて治療に専念しておりました。今現時点で喉の腫れや舌の腫れ、そして咳がなかなか収まらず、食べ物もなかなか飲み込むのに時間がかかってしまう状態です」と体調を明かし、「リサイタルを間近にこのような事になってしまい、大変申し訳なく、悔しい気持ちでいっぱいです」と吐露した。

 「リサイタルは12/26に延期とさせていただけましたが、チケットを購入してくださった皆様、そして関係者の方々にご迷惑をお掛けしてしまった事、心からお詫びを申し上げます」(原文ママ)とした。

 Cocomiは今月24日に東京・紀尾井ホールでデビュー・リサイタルを予定していた。レコード会社の公式サイトでもこの日、「デビュー・リサイタル“de l’amour”延期のお知らせ」とし、「Cocomiの新型コロナウイルス感染症罹患後の体調が万全ではないため、誠に申し訳ございませんが、延期とさせていただきます」と発表。12月26日に同所で振り替え公演を行うと説明し、「新たな日程にご都合のつかないお客様には払い戻しを申し受けます」とした。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×