米野球殿堂にベルトラン氏らが新候補入り A・ロドリゲス、A・ジョーンズ、M・ラミレスらも候補に

スポーツ報知

 米国野球殿堂は21日(日本時間22日)、2023年の殿堂入り候補者28人を発表し、新たに14人が加わった。

 現役引退後5年で資格が得られ、選考対象期間は10年。ロイヤルズやメッツなどで通算435本塁打を放ったC・ベルトラン氏(45)、エンゼルスやブルワーズで通算437セーブのF・ロドリゲス氏(40)ら14人が新たに加わった。

 かつて楽天にも所属してメジャー通算434本塁打を放ったA・ジョーンズ氏(45)、ヤンキースなどで通算696本塁打を放ったA・ロドリゲス氏(47)、通算555本塁打のM・ラミレス氏(50)らは昨年に続いて候補に残った。

 殿堂入りには全米野球記者協会(BBWAA)に10年以上在籍する記者による投票で75%以上の得票が必要。結果は来年1月24日(日本時間25日)に発表される。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×