ソフトバンク・千賀滉大にヤンキースとRソックスも接触か 争奪戦はデッドヒート

スポーツ報知
千賀滉大

 MLBネットワークの敏腕記者として知られるジョン・モロシ記者が21日(日本時間22日)、ソフトバンクから海外FA権を行使してメジャー移籍を狙う千賀滉大投手(29)にヤンキースと、レッドソックスが代理人に接触したと自身のツイッターに投稿した。

 すでに渡米し、これまですでにメッツ、パドレスと交渉したことが明らかになっている千賀。MLB公式サイトでもヤンキース、Rソックスと接触した可能性があることを紹介され、「ア・リーグ東地区でライバル関係にあるヤンキースとレッドソックスが、今オフは千賀の奪い合いになるかもしれない」とし、メッツ、パドレス以外にもジャイアンツが興味を示していることも記された。

 MLB公式サイトで、千賀のFAランキングはメジャー全体で11位、先発投手では5番目と高い注目を受けている。10球団前後と見られる多くの球団による争奪戦が繰り広げられている。10年に育成ドラフト4位でソフトバンク入りすると、12年に1軍デビュー。13年に救援で51試合に登板すると、16年には初の2ケタ勝利となる12勝を挙げた。150キロ超の直球と「お化けフォーク」と言われる落差の大きい魔球を武器に、16年から7年連続で2ケタ勝利を挙げた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×