女性の権利制限のイラン、女性サポーターもスタジアムに続々…イングランドとの初戦を迎える

イラン国旗カラーを身にまとう女性(ロイター)
イラン国旗カラーを身にまとう女性(ロイター)

 イランが今大会初戦となるイングランド戦を迎えた。スタジアムの外には、イラン国旗を手にしたり、顔にペインティングをした女性が続々と観戦に駆けつけている。

 イランでは女性の権利が制限されており、自由なサッカー観戦も難しい。今年に入ると、首都テヘランで、女性の権利についてのデモに参加した16歳の少女が死亡した。デモが起きたきっかけは、9月に髪の毛を覆うよう女性に義務づけた法律に違反したとして、22歳の女性が逮捕され、その後に死亡したこと。その後、抗議行動が相次いでいる。

 またイランサッカーの英雄アリ・ダエイ氏は今大会への招待を断ったことを、自身のツイッターで明かしていた。反スカーフデモの犠牲者に寄り添い、訪問しないことで連帯を示したなどと報じられている。

イラン国旗を手にする女性(ロイター)
イラン国旗を手にする女性(ロイター)
イラン国旗カラーを身にまとう女性(ロイター)
イラン国旗を手にする女性(ロイター)
すべての写真を見る 3枚

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×