【神宮大会】 名城大が2試合連続完封で43年ぶり4強 強力3投手のリレーでV目指す

スポーツ報知
7回途中から3番手で登板し、試合を締めくくって完封リレーを完成させた名城大の来秋ドラフト候補、松本凌人(カメラ・泉 貫太)

◆第53回明治神宮野球大会第4日▽大学の部・準々決勝 名城大1―0上武大(21日・神宮)

 名城大(北陸・東海3連盟)が、1回戦の九州共立大戦に続く完封勝利で、1979年以来43年ぶりの4強進出を決めた。

 先発の岩井俊介投手(3年=京都翔英)が5回まで投げ、1回戦で先発した真田拓投手(4年=東郷)にリレー。7回に2死二、三塁のピンチを招くと抑えの切り札・松本凌人投手(3年=神戸国際大付)が登板し、上武大(関東5連盟第1)に得点を許さなかった。

 140キロ台の力のある直球を気合十分に投げ込む3投手。安江均監督は「真ん中近辺で、ある程度勝負できるのが大きい。球に力がないと、どうしてもコーナーを狙ってボールが先行したりする。やや甘めでも、力強い球で押していける」と信頼を寄せる。2試合で被安打6、奪三振22、与四死球6と相手打線を圧倒。上武大の谷口英規監督は「とらえきれるようなボールはなかった。黄金リレー。さすがです」と脱帽するしかなかった。

 1979年は、決勝まで駒を進めたが、明大の前に敗れた。この日、決勝アーチを放った4番の野口泰司捕手(4年=栄徳)は「全国制覇できるメンバーがそろっている。あとは、キャッチャーのリード。1点も取らせないリードをしたい」と抱負を述べた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×