アントニオ猪木さん四十九日法要は24日、神奈川・総持寺で…マネージメント事務所が発表、関係者のみ参列

スポーツ報知
アントニオ猪木さん

 10月1日に死去した元プロレスラー、元参院議員のアントニオ猪木さん(本名・猪木寛至、享年79)の四十九日が24日、神奈川県横浜市の曹洞宗大本山総持寺で営まれることが21日分かった。マネージメント事務所・IGF(猪木元気工場)が発表した。

 猪木さん(戒名・闘覚院機魂寛道居士=とうがくいんきこんかんどうこじ)の葬儀告別式は10月14日、家族葬で執り行われた。四十九日法要は遺族の意向により関係者のみの参列となる。一般の人は参列できないが、後日、「お別れの会」を開く予定となっている。

 猪木さんが創設し、今年50周年を迎えた新日本プロレスは来年1月4日、東京ドームで行われる「WRESTLE KINGDOM 17 in 東京ドーム」を猪木さん追悼大会として行う。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×