侍ジャパンに強敵、ドミニカ共和国がWBCへ最強メンバー結成 予備登録50人にMLBの大物ズラリ

スポーツ報知

 ドミニカ共和国は20日(日本時間21日)、来年3月に行われる第5回WBCの候補選手50人を発表した。

 投手では今季14勝を挙げてサイ・ヤング賞に輝いたマーリンズのS・アルカンタラ投手(27)、ワールドチャンピオンに輝いたアストロズで先発ローテを担ったF・バルデス投手(29)、C・ハビエル投手(25)ら強力な布陣が並んだ。

 野手はさらに豪華なメンバーがズラリ。ナ・リーグMVP投票で2位になったパドレスのM・マチャド内野手(30)、今季球宴で本塁打競争を制したパドレスのJ・ソト外野手(24)、昨季本塁打王でブルージェイズのV・ゲレロ内野手(23)、ワールドシリーズMVPのアストロズJ・ペーニャ内野手(25)、イチロー氏のまな弟子として知られ新人王に輝いたマリナーズのJ・ロドリゲス外野手(21)ら大物メジャーリーガーが名を連ねた。

 13年の第3回大会で優勝したドミニカ共和国は、1次ラウンドはプールD。プエルトリコ、ベネズエラ、イスラエル、ニカラグアと米マイアミで戦い、2次ラウンドもマイアミで、アメリカやメキシコなどとの対戦が予想される。日本との対戦の可能性があるのは、同じくマイアミで行われる準決勝以降。3大会ぶりの頂点を狙う侍ジャパンの強敵のひとつになりそうだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×