シバター、皇治は「ファイターとしては尊敬できないけどビジネスマンとしては鼻が効く」…RIZIN出禁も告白

スポーツ報知
シバター

 人気ユーチューバーでプロレスラーのシバター(フリー)が21日までに自身のYouTubeチャンネルを更新。かねてからRIZINのリング上での対戦を要望してきたキックボクサー・皇治について、私見を述べた。

 この日、「正直、今の皇治さんには嫉妬してます」という題名で動画を更新したシバター。「最近の皇治のムーブについえ、僕がどう思っているか、お話したいと思います」と話し出すと、「正直、嫉妬しているよ。最近の皇治の活躍ぶりには」と、まずポツリ。

 「朝倉未来対メイウェザーの試合では、前座でメイウェザーのボディーガードのジジとボクシングルールで戦って。その後もアメリカまで行って、メイウェザー軍団のボクサーとスパーリングやって引き分けて。結構、メイウェザーから認知されて。今後もこのアングルが続くのかなと、正直すごいなと思う」と続けると、「正直、一昨年くらいからシバターとの対決を逃げに逃げてきたわけじゃん。直前になって逃げるわけだけど、野生の勘というのか、一見、おいしそうに見えてすごく危険をはらんでいて、どう転ぶか分からない試合っていうか。リスクとメリットを両方はらんでいると思うわけ。シバターって」と自己分析。

 「『シバター、楽勝じゃん。ただのユーチューバーじゃん』って、そこに安易に飛びつかないから、HIROYAさんや久保優太さんみたいなことになってないわけじゃん」と過去のRIZINで自身が破ってきた強豪の名前を挙げ、「そこらへんの鼻が効くというか、ビジネスマンとして優れていると思う。これは乗った方がいい話、乗ってはいけない話というチョイスができている」と、その嗅覚をほめたたえた。

 その上で「キックボクシング界では、皇治なんて全然、実力がないわけで、そこからストーリーなんて生まれないわけですよ。でも、皇治ワールドというか、皇治しかできない生き方を見いだすというか、そこら辺がすごいな」と皮肉まじりに続けると、「朝倉未来はメイウェザーとの会見で何もできなかったけど、皇治は最低限やらなければいけないことはやっている」と話した。

 最後には「ファイターとしては尊敬できないけど、ビジネスマンとしては鼻が効く人なんだな。自分の実力がないのに、RIZINで自分の道を見いだしているのはすごいぞと嫉妬レベルですごいなと思ってます」とし、「『今度こそ皇治とやってくれ』と言われるけど、絶対、俺とはやらないと思う。一生やることはないと思う。俺としてもやりたいわけじゃないから、いいんだけど」とポツリ。

 「朝倉未来は結局、皇治に持ってかれちゃったな。本当はメイウェザー戦でいい試合をやって、海外で認知されるファイターになりたいっていうのが目的だったと思うけど、それを全部、皇治が持っていっちゃった。あの大会で得をしたのは皇治だけだったなと思っている」と話すと、「RIZINのミスター・エキシビジョンはもはやシバターでなく、皇治だなと。どうやら、今になってもRIZINさんからの大みそかのオファーがないんで…。恐らくシバターはRIZIN出禁なんで、どうやらミスター・エキシの座を皇治に持ってかれちゃったなと。皇治さんに乾杯です」と締めくくっていた。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×