将棋女流名人リーグ最終一斉対局始まる 西山朋佳女流二冠が勝てば挑戦権獲得

スポーツ報知
真剣な表情で将棋盤の前に座る西山朋加女流二冠(カメラ・矢口 亨)

 将棋の第49期岡田美術館杯女流名人リーグ(主催・報知新聞社、特別協賛・ユニバーサルエンターテインメント)の女流名人リーグ最終一斉対局が21日午前10時、東京都渋谷区の将棋会館で始まった。リーグ優勝者は来年1月に開幕する5番勝負での伊藤沙恵女流名人への挑戦権を獲得する。

 リーグに参戦する全10人の女流棋士による5対局。7勝1敗で首位を走る西山朋佳女流二冠が山口恵梨子女流二段に勝利すると挑戦権を得る。敗れた場合、6勝2敗の鈴木環那女流三段と里見香奈良女流五冠の直接対決の勝者とのプレーオフに臨む。さらに、同じく6勝2敗の上田初美女流四段が石本さくら女流二段との対局に勝利すれば、3人でのプレーオフの可能性もある。

将棋・囲碁

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×