【日本ハム】来季主催全試合を新球場で開催へ…例年は東京ドームや地方球場でも

日本ハムの新球場「エスコンフィールド北海道」
日本ハムの新球場「エスコンフィールド北海道」

 日本ハムが来季の主催全試合を3月に開業する新球場「エスコンフィールド北海道」で開催する方向であることが20日、分かった。コロナ禍で120試合制となった20年を除き、例年地方球場や東京Dでも開催し、今季も主催8試合を旭川など札幌D以外で行ったが、新球場元年は新本拠地のみで臨む。

 「エスコン―」は、国内初の開閉式屋根付きの天然芝球場で、左右非対称。外野後方はガラス張りとなっている。温泉やホテルなどの複合型施設も併設。開幕戦は他球場より1日早い3月30日に実施される。

 新球場は7日の実行委員会でファウルゾーンのサイズが規定を満たしていないことを指摘されたが、14日の12球団代表者会議で、来季は「特例」で現在の仕様のまま公式戦を行うことが決定。23、24年オフに改修工事を行う予定となっている。新たな主戦場で日本一へのドラマを作り上げる。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×