【神宮大会】 明大4強進出 “飛び道具”2番・飯森太慈が自慢の足で貢献

スポーツ報知
1回1死二、三塁、野選で先制の生還を果たす明大の三塁走者・飯森大慈

 ◆第53回明治神宮野球大会第3日▽大学の部・準々決勝 明大2―1関大(20日・神宮)

 明大(東京六大学連盟)が初回に挙げた2点を村田賢一投手(3年=春日部共栄)の1失点完投で守り切り、4強進出を決めた。

 田中武宏監督が「飛び道具」と称する、足を絡めた攻撃で主導権を奪った。1回1死から2番・飯森太慈(たいじ)中堅手(2年=佼成学園)が四球で出塁すると、3番・宗山塁遊撃手(2年=広陵)の初球に50メートル走5秒台後半の俊足を生かしてすかさず盗塁を決めた。

 宗山の中前打と4番・上田希由翔(きゅうと)三塁手(3年=愛産大三河)の打席での暴投で、1死二、三塁に。上田の二ゴロの間に飯森が果敢に本塁へ突っ込み、二塁手からの送球を受けた捕手のタッチを逃れて先取点を挙げた(記録は野選)。なお1死一、三塁から、5番・蓑尾海斗捕手(4年=日南学園)の犠飛で2点目を挙げ、結果的にこれが決勝点となった。

 「一番いい打者(飯森)が塁に出て、(相手の)情報がないなか一発でスタートを切って盗塁を決めた。先制のセカンドゴロ(での生還)も、『まさかセーフに…』と思われたかもしれないが、私は完全にセーフだと思っていました」と指揮官はしてやったりの表情。足という持ち味をフルに生かした飯森は「バウンドしたのを見て、スタートを切りました。ぎりぎりにはなると思いましたが、スライディングでうまくよけられたので良かったです」と殊勲の本塁生還を振り返った。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×