カタールW杯がいよいよ開幕! カタール×エクアドルで熱戦の火ぶた 開催国の初戦成績は16勝6分けと無敗

スポーツ報知
カターラ地区のメインストリート。W杯出場国の巨大国旗が大通りを彩る(カメラ・宮崎 亮太)

 4年に1度のサッカーの祭典、第22回W杯は20日(日本時間夜)、カタール北部アルホルのアルベイト競技場で開幕する。開催国のカタールとエクアドルが対戦し、約1か月に及ぶ熱戦の火ぶたが切られる。

 開催国枠で初出場するカタール。過去の大会を振り返っても、開催国の開幕試合は勝率が高い。

 開催国の戦績は1930年の第1回大会から、初戦16勝6分けと無敗。2006年大会から開催国が開幕戦に登場するようになったが、前回大会までの4大会では3勝1分けと極めて高い勝利を誇っている。アフリカ初開催となった10年には、南アフリカがメキシコと1―1で引き分け、世界を驚かせた。

 カタールは04年に日本円にして約1800億円をも超える資金を投入してエリート育成のために「アスパイア・アカデミー」を新設。国を挙げて強化に取り組んできた。初出場国が1次リーグ初戦で白星を奪えば、02年、フランスから大金星を挙げたセネガル以来となる。同大会でセネガルは初出場にしてベスト8まで上り詰めた。初の中東開催で、異例の11月開幕となる今大会。ホスト国は他にセネガル、オランダと同組だが、どこまで意地を見せられるか。

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×