【阪神】スプリットが武器の新守護神候補右腕獲り動く 前パイレーツ3Aのジェレミー・ビーズリー投手

阪神タイガース球団旗
阪神タイガース球団旗

 阪神が新外国人として前パイレーツ3Aのジェレミー・ビーズリー投手(27)の獲得に動いていることが19日、分かった。高知・安芸キャンプで岡田彰布監督(64)は名前を明かさず「(候補リストで)ボール自体は一番。変化球も良かったな」と示唆し、189センチの本格派リリーフが判明。メジャー通算18試合で奪三振率12・04を誇り、未定のクローザー候補に挙がる。

 ビーズリーは今季ブルージェイズで9試合に登板して0勝0敗、防御率4・80。後半はパイレーツ3Aでプレーした。最速156キロで直球の平均球速は152・5キロ。落差の大きなスプリットを武器とする。変化の大きなスライダーも操り、メジャー通算24回2/3で33奪三振。3A通算でも奪三振率10・49の投球は終盤の要所にふさわしい。

 また、岡田監督はブライアン・ケラー投手(28)=前レッドソックス3A=の獲得が近いことを認めた。192センチのスリークオーターで先発タイプ。「右(打者)は打ちづらい印象。コントロールええよ」と期待した。メジャー経験はないが、150キロ前後の直球にカットボール、チェンジアップ、カーブと多彩。ローテーションの一角を期待される。

 球団はこの日、カイル・ケラー投手(29)と年俸130万ドル(約1億8200万円)での契約更新も発表した。今季の外国人で唯一の残留となるセットアッパー。野手はシェルドン・ノイジー内野手(27)=前アスレチックス=とホアン・ミエセス外野手(27)=前レッドソックス3A=の獲得が有力。指揮官は助っ人を5人と明かしており、早くも陣容が見えた。

 ◆ジェレミー・ビーズリー(Jeremy Beasley)1995年11月20日、米ジョージア州生まれ。26歳。クレムソン大から17年ドラフト30巡目でエンゼルスに入団。20年にダイヤモンドバックスでメジャーデビュー。21年からブルージェイズに移籍し、今季は9試合で0勝0敗1ホールド、防御率4・80。パイレーツ移籍後は3Aでプレー。メジャー通算18試合で0勝1敗、防御率5・84。189センチ、107キロ。右投右打。

 ◆ブライアン・ケラー(Brian Keller)1994年6月21日、米ウィスコンシン州生まれ。28歳。ウィスコンシン大ミルウォーキー校から2016年ドラフト39巡目でヤンキース入団。今季はレッドソックス傘下3Aで31試合に登板して6勝5敗、防御率3・27。3A通算62試合で9勝9敗、防御率3・63、195回2/3で216奪三振。メジャー経験なし。192センチ、95キロ。右投右打。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×