馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 中京 小倉

【阪神11R・アンドロメダS】骨折明けマテンロウレオ快勝 昆調教師「負けられないと思っていた」

横山典弘騎手を背にマテンロウレオが直線抜け出し快勝。(カメラ・高橋 由二)
横山典弘騎手を背にマテンロウレオが直線抜け出し快勝。(カメラ・高橋 由二)

 11月19日の阪神11R・アンドロメダS(3歳以上オープン・リステッド、芝2000メートル)は、左前脚骨折で5月の日本ダービー(13着)以来の出走となったマテンロウレオ(牡3歳、栗東・昆貢厩舎、父ハーツクライ)が快勝。重賞ウィナーの貫禄を見せた。勝ち時計は1分59秒3(良)。

 好発を決め、道中は内目の3番手を追走。手応え良く4角を回ると、最内から伸びて後続の差し脚を封じた。「ダービーまで向かっていた馬なので、このメンバーでは負けられないと思っていた。ムキになる面が薄れて、調教でもはじけていた」と成長に目を細めた昆調教師。「休ませて気持ちの面が良くなっていた。頑張ったね」とコンビを組んだ横山典弘騎手もパートナーをたたえた。

 マイルCS(11月20日、阪神・芝1600メートル)には馬主、調教師、騎手がすべて同じのマテンロウオリオンが参戦。僚馬にバトンをつなぐ勝利だった。

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×