【西武】外崎修汰、紅白戦に両軍の「2番・DH」で出場して右中間二塁打 浜屋将太は3回無失点

スポーツ報知
西武・外崎修汰

 西武は19日、埼玉・所沢の球団施設、CAR3219フィールドで行っている若手主体の秋季キャンプで紅白戦を実施した。

 紅組は3回、先頭の中山が四球、続くジョセフが左前安打でつなぐと、1番・川野が左前に先制の2点適時打を放った。

 試合は5イニング制で行い、2―0で紅組が勝利。

 白組は佐藤隼が2回無失点、出井が2回2失点、宮川が1回無失点。

 紅組は浜屋が3回1安打無失点。大曲、菅井が1回無失点だった。

 野手では打撃強化を秋のテーマに掲げる外崎が、打席数を増やすために両チームの「2番・DH」で出場。計5打席立って1安打、出井から右中間への二塁打を放った。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×