【池添謙一のKen to 1】勝ち負けを意識できるオディロン

スポーツ報知
ここ2走のレースぶりが安定しているオディロン

 エリザベス女王杯のテルツェットは12着でした。彼女の現役生活で最後になるかも知れないG1。悔いを残さない騎乗を心がけました。勝ちに行けるポジションを取って、理想的な形で直線へ。勝ち馬にかわされて力尽きてしまいましたが、全力で頑張ってくれました。結果は出ませんでしたが、陣営が最高の状態に仕上げてくれて、やりたかったレースはできました。

 今日は9頭の依頼をいただきました。オディロンはここ2走が〈2〉〈2〉着。競馬ぶりも安定しています。5か月ぶりでも、仕上がり次第で勝ち負けになるでしょう。エリムの初戦は追い出しを待たされるところがありました。折り合いがスムーズにつけば、チャンスは十分。ポーカーもうまく立ち回って、しっかり勝ち切りたいです。

 新馬の2頭は調教にまたがり、いずれも水準以上の素質を感じました。プリモカヴァロは馬の後ろで我慢ができ、並ぶといい脚を使ってくれる印象。メイショウフラムもスピードがあって気性が前向きで、息さえもてば初戦からやれると思っています。(JRA騎手)

 【阪神】

 1R・ライヴリー    B

 3R・エリム      A

 5R・プリモカヴァロ  B

 6R・メイショウフラム B

 8R・サウンドブライアンC

 9R・オディロン    A

10R・テンカハル    B

11R・ゴールドギア   C

12R・ポーカー     A

         (本紙評価)

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×