児玉碧衣がガールズGPトライアルへ意気込み…22日から小倉G1競輪祭

スポーツ報知
小倉けいりんマスコットキャラクター「かねりん」と児玉碧衣

 G1「第64回競輪祭」(22~27日)を開催する小倉競輪関係者と、同大会に出場する地元の児玉碧衣(27)=福岡・108期=が17日、東京・墨田区の報知新聞社を訪れた。

 2022年最後のGIは、S班9人に加え、ワールドクラスの脚力を誇る脇本雄太、「寛仁親王牌」で史上4人目のグランドスラムを達成した新田祐大らが参戦。グランプリ出場争いも注目で、清水裕友はじめ賞金ランクでボーダーライン上にいる選手にとっては、一段と力が入るシリーズとなる。

 一方、3日目までA(トパーズ)、B(アメジスト)に分かれて行われるガールズグランプリトライアルBに出場する児玉は「サマーナイト(7月玉野)で落車してから体調を崩していたけど、前回の小田原で感覚がつかめたので、これから良くなると思う。競輪祭は地元なので、たくさんのお客さんから応援してもらえる。3連覇を目指して、年末の(ガールズ)グランプリで女王を奪還したい」と意気込みを語った。

 北九州市公営競技局競輪事業課・河崎将士事業担当係長は「昨年はコロナの影響で対面のイベントができませんでしたが、今年は華原朋美さんのスペシャルライブ(22日)やK―1の武尊選手(27日)のトークショーなど多くのイベントを予定しています。ぜひ本場に来ていただき、選手のモチベーションを上げてもらえたらと思っています。売り上げ目標は130億円」と話した。

ギャンブル

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×