【箱根への道】亡き恩師との約束…芝浦工大・橋本章央、「5区で来年につなげられたら」…関東学生連合チーム入り

スポーツ報知
学生連合チームでの箱根路に向け練習する橋本(カメラ・清水 武)

 10月の第99回箱根駅伝予選会で、2011年に駅伝部を創設した芝浦工大が過去最高の20位に躍進した。駅伝プロジェクト入学者選抜試験を導入するなど、大学創立100周年を迎える27年までに工学系私大初の箱根駅伝出場を目指して本格強化に着手。予選通過校との差も10分32秒まで縮め、24年1月の第100回記念大会での45校目の初出場へ期待が膨らむ。橋本章央(3年)が予選会1時間3分37秒と、同大史上最高36位で関東学生連合チーム入り。5区出走を希望している。

 * * *

 箱根予選会初出場の橋本は、芝浦工大3人目の関東学生連合チーム入りを果たした。初のハーフも序盤から突っ込んで入り、15キロ以降は粘走。チーム歴代最高の36位に「50番以内を目指していたので100点満点に近い走り」と振り返った。

 どうしても果たしたい約束があった。国学院久我山高2年の合宿で約9キロの山上りのタイムトライアルで、36分台と歴代1位の記録をマーク。「箱根の5区を走りたい」と目標を掲げて「駅伝プロジェクト入学者選抜」で小論文と面接を受けて芝浦工大へ進んだ。

 国学院久我山高監督の有坂好司氏(享年58)が21年1月、死去した。20年12月に「都大路(全国高校駅伝)頑張って下さい」と恩師にメールすると「箱根駅伝の5区を走れよ」などと返信があった。そのメールは橋本のスマホに今も保存され時々読み返す。「都大路は補欠で走れなかった。有坂先生との約束のためにも今年こそ、と思って箱根予選会も走れました」。8~9月は月間1000キロの距離を走り込み。故障欠場した過去2年を反省し、勉強は徹夜を禁じて、体のケアや睡眠を大事にした。

 今回の関東学生連合のメンバー選考は予選会順位優先で決まる方針。3番手だった橋本は5区出場が有力だ。「自分が勢いづけて来年につなげられたら」。亡き恩師と仲間への思いを胸に天下の険を駆け抜ける。

 ◆橋本 章央(はしもと・あきお)2001年8月18日、東京・杉並区生まれ。21歳。国学院久我山中で陸上を始め、3年時に3000メートルで東京都大会決勝進出。国学院久我山高3年時に全国高校駅伝メンバー入り。5000メートル14分25秒05、1万メートル29分56秒00。システム理工学部環境システム学科3年。169センチ、49キロ。家族は両親と兄、妹。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×