【箱根への道】芝浦工大、工学系私大初出場で「文武両道」証明へ 本格強化「駅伝プロジェクト」発足

スポーツ報知
寮内で勉学に励む芝浦工大・橋本章央(カメラ・清水 武)

 10月の第99回箱根駅伝予選会で、2011年に駅伝部を創設した芝浦工大が過去最高の20位に躍進した。駅伝プロジェクト入学者選抜試験を導入するなど、大学創立100周年を迎える27年までに工学系私大初の箱根駅伝出場を目指して本格強化に着手。予選通過校との差も10分32秒まで縮め、24年1月の第100回記念大会での45校目の初出場へ期待が膨らむ。橋本章央(3年)が予選会1時間3分37秒と、同大史上最高36位で関東学生連合チーム入り。5区出走を希望している。

 工学系私大初の夢実現へ道が開けてきた。10月の箱根予選会。序盤5キロを芝浦工大が5位で通過すると、会場の昭和記念公園にどよめきが起きた。「狙い通り。『絶対に後ろでレースをしないように。5、10キロでバテたら力がないということ』と話していた。来年何をしなきゃいけないのかを体で覚えないと」と日体大OBの前田直樹監督(63)は説明した。

 半数を下級生が占めた芝浦工大は10キロ以降で後退。それでも橋本が36位、1年生の内山寿頼(じゅらい)が52位など10人の合計タイムによるチーム成績は過去最高の20位。通過圏内10位の国士舘大と過去最少10分32秒差に縮めた。橋本は「この2年で現実味を帯びてきた。(今年の予選会6位の)立大は去年、5キロ通過が1番。同じ流れで来年躍進して出たい。『100回記念大会でもし来年増枠になったらチャンス』と話しています」と言う。

 国内トップ級の偏差値を誇り、実験や実習の多い工学系大。11年の創部当初、半数は大学から陸上を始めた選手だった。17年の箱根予選会で大学から陸上を始めた矢沢健太(当時4年)が個人88位となって関東学生連合に初選出。18年の箱根1区で芝浦工大のランナーとして初出場した。それを機に、大学創立100周年となる27年までの箱根初出場を目標に「駅伝プロジェクト」が発足した。

 19年から異例の「駅伝プロジェクト入学者選抜」という入試制度も設け、学力も備えた有望選手を募集。毎年8人前後が同制度で加わり選手層は厚くなった。また、東農大を8度箱根出場へ導いた前田氏を同年から監督に招へい。「『1級建築士の資格を取りたい』という子もいますし、本当によく勉強します。5000メートルの記録だけじゃなく偏差値もうかがいながら勧誘しています。(工学系私大の)初出場をかなえたい」

 今年3月、さいたま市内に駅伝部専用「白亜寮」も完成した。3年前に整備された練習グラウンドまで徒歩数分で、朝練習での集団走も定着。平日午後は授業の合間を縫って個別に練習に励む。「合同練習ができるのは朝だけ。それ以外は曜日も授業もバラバラ。寮で同じ時間に朝、晩食事ができるのはコミュニケーションが取れるので大きい」と、大学側の支援による和気あいあいとした雰囲気に指揮官は感謝する。近年、箱根予選会突破へアフリカ人留学生を招く大学も増えているが「うちは勉強が優先です」と否定した。

 次回大会の出場枠数は未定だが同じ記念大会だった第90回、第95回は23チームに増枠された実績がある。「27年までの初出場は絶対。増枠の可能性もありますし、来年は勝負をかけます。個々に1万メートルの記録を上げて上位8人平均が29分40秒を切らないと。そこに到達すればチャンスはある」と前田監督。文武両道を貫き、箱根路に新たな歴史を刻む。(榎本 友一)

 ◆芝浦工大 1927年に有元史郎氏が東京・大森に創立。実学重視の技術者育成教育を継承して49年に大学が設置され、東京・江東区の豊洲キャンパス、さいたま市の大宮キャンパスに工、システム理工、デザイン工、建築の4学部16学科1課程がある。山田純学長で学生数は7962(男子6445)人。主なOBはプロ野球・西武元監督の伊原春樹氏、元バスケ日本女子代表監督・中村和雄氏。

 ◆近年の箱根駅伝初出場 2021年予選会を突破した22年の駿河台大が直近の初出場で、史上44校目。00年以降の本戦初出場は01年の平成国際大、国学院大、04年の城西大、09年の上武大、15年の創価大、16年の東京国際大。工業系大では、国立大の東京農工大(当時は東京帝国大農学部実科)が1922年から5年連続で出場して24、26年の7位が最高成績。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×