【ロッテ】ドラフト2位の天理大・友杉篤輝が仮契約 背番号は10 かつて対戦した藤原恭大とチームメート

スポーツ報知
仮契約を終え、好きなロッテのお菓子を手に笑顔の友杉篤輝

 ロッテにドラフト2位で指名された天理大・友杉篤輝内野手が17日、奈良市内のホテルで契約金7000万円、年俸1200万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。背番号は10に決まり「10番と言えば友杉篤輝と言われるような、そんな背番号にしたい」と意気込んだ。

 大阪・和泉ボーイズに所属していた中学3年時に、同学年で枚方ボーイズの藤原恭大と対戦。試合には勝ったが「技量的に負けたと感じた。(藤原は)中学時代からスター選手だった」。その後、藤原は大阪桐蔭で甲子園春夏連覇を果たし、3球団が競合の末、ロッテに入団。4年が経ち、再び同じ舞台に立つ。はい上がった友杉は「負けないように、切磋琢磨してやっていければ。すごい部分は吸収して、自分より先にこの世界でプレーしているので、そういう面で野球の話もしたい」と目を輝かせた。

 50メートル走5秒9の足と堅実な守備が魅力。現在のロッテは、不動の遊撃手がいない状況が続き、榎スカウト部長も「1番はスピード。三拍子そろった遊撃手で、レギュラーを取ってくれる力があると評価させて頂いた」と期待をかける。友杉は、中村奨吾との二遊間について問われると「天理高校出身の方なので、天理の二遊間と言ってもらえるように」と意欲。キャンプから1軍でやってやるという気持ちで臨みたい」と意気込んだ。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×